おにぎりを長持ちさせる方法

おにぎりは日本古来から伝わる伝統料理です。

また、お弁当に入れて持っていくなど活用範囲も広く、今でもコンビニなどでは大人気商品です。

そんなおにぎりの長持ちさせる方法をご存じでしょうか。

おにぎりを握るとき、水に手を付けながら握っている方が多いとも思います。

これは、米粒が手にベタベタくっつかないようにするためなのですが、この水に少しだけお酢を加えて握ってみてください。

すると、お酢の素晴らしい殺菌効果が発揮され、大腸菌やチフス菌を予防し、おにぎりが長持ちするようになります。

おにぎりはお弁当に持っていくだけではなく、家で作って冷蔵庫に置いておくと、小腹が空いたときに簡単に食べられるので、1人暮らしやものぐさの味方でもあります。

このような使い方の場合、長持ちすることは大きなメリットになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする