大分市にある認知症専門クリニックのあけのメディカルクリニックの紹介

今回は大分市の認知症専門クリニックであるあけのメディカルクリニックが目指す病院像をかいてみます。

理想のクリニックとは?

もちろんそれは、
お客さんによりますよね。人それぞれ求めるものが違いますから、

今回は
そのことをわかった上で書いていきます笑

1.患者さんが安心して任せられる施設であること、

一般の店舗と同じです。 例えば清潔 ・従業員の品性 ・待ち時間の少なさ ・優秀な技術と過不足のない説明。

利用者、患者目線で対応してくれることは大事です。

2.清潔感を保つ施設であること。

整頓されていて、介護士さんたちが明るい施設を
目指します。

古くてもいいけど、ピカピカじゃなくていいけど、利用者がいるところが安全になっていること。

介護士さんたちがみなさん疲れた顔をしている所は、労働環境が悪い=上の人が問題を解決する気がない、と感じてしまいますよね?

医療従事者はもとより、病院内で働いている事務員や他のスタッフの明るさや誠実、挨拶までもが、しっかりと院内教育されているものです。

病院が清掃で行き届き・医療器具が整理整頓され看護師・医師の白衣等が清潔で言葉づかい礼儀正しく医術が優れていること。

まとめ

まさに「患者ファースト」の教育がなされている医療センターを当クリニックは目指します

施設の充実よりも、働いている医師や看護師、介護士の質が大事です。

患者さんからみても職員の入れ替えの少ない、堅実な経営で安定して安心な医療サービスを受けられるところです。 当たり前のことにもかかわらず、現実には非常に少なくて、まさに理想の医療施設となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。