爪の中に入る土対策

土いじりを趣味にしている方も多いと思います。

また近所で合同の草むしりや掃除なんかをすることもありますよね。

そんなとき、爪の中に泥が入り込んでしまい、洗っても洗っても中々取れずに苦労した方も少なくないと思います。

今回は、その爪の中の泥に対する予防策を書きたいと思います。

単純な話で、爪と指の間に隙間があるから土が入ってしまうんです。

ならば、逆転の発想で、土を弄る前にその隙間に別の物を入れてしまおうというのが、これから書く方法です。

とは言っても、何を入れても良いわけではありません。結局その後洗い流さなければなりませんからね。

そこでもうピンときた勘の良い方もいるかも思いますが、そう、洗い流すのなら最初から石けんを詰めてしまえば良いんです。

土いじりをする前に、予め固形石けんをカリカリ爪で引っ掻いてください。

そうして爪の間に石けんのカスを予め詰めておけば、土いじりをしても、隙間が無いので土が入りづらくなるんです。

また、汚れた爪の間の石けんカスも、普通に手を洗う要領で簡単に解けて洗い流せてしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。