平塚でマッサージを受けるなら

肩こりや腰痛って辛いですよね。

そんな時、やっぱり頼りになるのが「マッサージ」。

でもマッサージって、担当してくれる方によって技術がまちまちで、損した気分になってしまうことすらあります。

平塚市内でお勧めなのが、マッサージより気持ちいいと謳う平塚のほぐし処リセット・ケア

駅からはちょっと遠いのですが、住宅街のメイン通りにあり、分かりやすい。

店主の男性がていねいに肩や腰をほぐしてくれるので、辛いところがどんどん楽になっていくのが分かります。

こりゃ確かに下手なマッサージよりよっぽど気持ちいい!

正確にはマッサージではなくて、中国の推拿という整体らしいです。

何でも気持ち良くって楽になれば問題ありません。

値段もリーズナブルだし、これはもうリピ決定です。

 

 

 


土鍋のひび割れを修復

冬になるとお鍋が美味しい季節です。

最近は一人用鍋なんてのも売れているそうで、土鍋は1個あると便利ですよね。

しかし、土鍋を何回も使っていると、ひび割れが出てくる場合もあります。

そんなひび割れが出た場合、すっぱり諦めて新しい土鍋を買うのも良いのですが、ちょっとしたことでそのひび割れを修繕出来る方法があります。

それは、「おかゆを炊くこと」です。

このおかゆのお米の粘りがひび割れ部分に入り、接着剤の役割を果たします。

こんな物で大丈夫かと思うかも知れませんが、鉄のフライパンも使えば使うほど油が馴染み(染み込み)、焦げ付かないフライパンへとなっていくのは、プロの料理人でも当たり前にやっていることなので、このように使い込んで食材が染み込んでいく調理器具ってのは、当たり前なんです。


男性がトイレに入った時

家のトイレを使うときは「小」であっても座って用を足すようにしています。

男性の場合は立って用を足す人もいますが、家庭用の便座の場合、立って用を足すと思いのほか飛び散ってしまうといいます。

それによりトイレが汚れやすくなってしまい、そのトイレの掃除をするのが、奥さんや母親など自分以外の人間であるため、悪いような気がしてしまうのです。

しかも飛び散る水は、目には見えないほどの小さな水滴となるので、自分の家で用を足す際はもちろん、ひとの家で用を足す際などは必ず座ってやるようにしています。

便座のような形状の便器である以上は座って用を足すことが最善であると気づかされました。

トイレ掃除を効率的に済ませることだけを考えれば、男性が立って用を足す必要はないと思います。

 

 

男性がトイレに入る時


結婚式。非日常を楽しみましょう。

毎日同じような毎日で刺激がない時に、呼ばれた結婚式。

友人の晴れ舞台に嬉しい気持ちになりますよね。

でも実のところご祝儀の事、交通費のことなど考えると、結構な出費にもなります。

でもここはほんとに大事な友人だったらきちんとご祝儀を包んで出席しましょう。

そして式場には余裕をもっていきましょう。

ホテルでの式の時に、私は1時間前に行きました。

すると素敵なホテルの場合、ショウウインドウを見たり、綺麗な大きなミラーで化粧を直したり、ウェルカムドリンクをゆっくり飲んだり、綺麗なドレスを着て、普段味わえないリッチな時間をできるだけ早く行って体験したほうが良いですし、余裕のある行動で、友人の結婚式をよりゆったりした気持ちで楽しむことができます。

なのでできるだけぎりぎり、走って式場にきました、みたいな状況にならないようにしたいですね。